ポイント② ツリーの選択

まずは、ツリーの選択がとても大切です。

ツリーは、あなたがこれからイメージしたクリスマスツリーのキャンバスとなるものです。アメリカでは、生のモミの木と フェイクツリーを購入する派で分かれますが、こちらのサイトでは、日本人に馴染みがあるフェイクツリーを基に説明していきますね。

ツリー選びのポイントは二つあります。

①形状はとても大切です。

こちらの駐在員の間でありがちな失敗例として、アメリカで購入した後、日本へ持ち帰ったら、大きすぎて部屋に不釣合いだったというケースです。

そんな例から、アメリカに住む日本人の間で人気のタイプはこちらのスリムタイプです。

DSC00762

高さは、アメリカのツリーの標準サイズですが、横に広がらず、細長い形状になっています。部屋の隅においても高さはあるので、豪華さは維持したまま、置き場所に困ることも少ないようです。

また、日本でも、最近はコストコなので、大きいサイズが売られているようです。つい、見た目の豪華さにつられてしまいますが、部屋とのバランス、片づけた後の収まり場所についても十分 吟味してから購入してくださいね。

 

②初めて購入される方は、ライト付きがお薦めです。

飾りつけの工程の中で、ライトを均等に配置することは、まず最初に取り組まなくてはいけない、やっかいな作業です。できれば、ライト付きを購入して、その作業時間を楽しみながら、オーナメントの飾り付けに費やせられるようにしてみて下さいね。

DSC00760

ポイント③ ツリーのテーマ選び

オーナメントを決める前に、まずは、ツリーそのものの、テーマを決めることをお薦めします。(*カラーテーマとは、違います。)

アメリカでは、サンタツリー、エンジェルツリー、くるみ割り人形ツリーなどと名付けて、そのテーマにあわせてツリーを飾るご家庭を良く見かけます。好きなコレクションがありましたら、毎年そのオーナメントを集める楽しさも広がりますよね。

日本では、折り紙ツリー、ポケモンツリーなどの小さいお子さんが一緒に楽しめるようなテーマでも良いかもしれません。

(図書館で見かけた メッセージツリー)
image (8)

しかし、テーマが決まらないからって、そんなに気にすることもありません。

我が家オリジナルのクリスマスツリー、もうこれで 十分なビッグテーマですよね^^

ちなみに私の家では、”My Memorial Tree”と 称しています。
こちらのページでご紹介しています。

ポイント④ オーナメント選び

三角形のツリーには、丸いオーナメントが良く似合います。これは、基本的な考え方です。
下地として、丸いオーナメントがあると、しっくり、まとまることを覚えておいてください。

アメリカでは、Garden Ridge、日本では、ニトリ、コストコなどで格安の丸いオーナメントが箱単位で売っていますね。

先に紹介した、カラーテーマを意識して、赤と決めたら、なるべく同じ大きさの赤い丸いオーナメントを大量に買ってみましょう。
この丸いオーナメントのベース作りがしっかりしていると、その後から 飾るオーナメントが多少、違う形のものでも、しっくりときます。

また、華やかさをプラスするために、光沢があるものを選びたくなりますよね。しかし、初心者にとって、光るオーナメントとマット感のものを混ぜるのは、失敗しやすいパターンなので、なるべく避けたほうが無難です。プラスしたくなっても、慣れるまでは、どちらか一方にあわせることをお薦めします。

CIMG1941

ポイント⑤ ライト選び

ライト選びを間違えると、せっかくのツリーの飾りつけも台無しになってしまいます。

ツリーにライトが付いていない場合は、ライトを別に購入する必要がありますが、その時の選択は、慎重に行ってください。
大きなプラスチックライト、点滅するライトは絶対避けるようにしてください。

DSC00783

決してライトがそのツリーの存在感を示すものではありません。これから、あなたの素敵なオーナメントたちを美しく照らすための脇役というような位置づけで選んでみてくださいね。いくつかの注意点を挙げます。

*音楽を奏でるライト、フラッシュするものは、避けましょう。すぐに飽きてしまうおそれが、あります。

*カラートーンにあわせたライト選びはとても重要です。詳しい説明は、飾り方のポイントに示しましたので、ご参考になさってください。

*もし選択に迷った場合は、どのカラーテーマにもあう、ホワイト、オフホワイトの小さいサイズのライトをお薦めします。

Copyright(c) 2014 アメリカ発♪クリスマスツリーを素敵に飾る方法 All Rights Reserved.